女性の薄毛の原因は、
遺伝、ストレス、加齢、
ダイエットによる栄養不足、
間違ったヘアケアなど
たくさんの原因があります。

特に更年期以降にはじめて
薄毛に悩み始めた方の原因は、
女性ホルモンが深く関係しています。

女性にも男性ホルモンは分泌されており、
更年期を迎えるとそれ以降は、
女性ホルモンの分泌量が急激に減っていきます。

毛髪の成長のピークは25歳前後と
いうデータがあり、性別にかかわらず、
老化とともに多少は薄毛になっていくものです。

女性の場合においては、
40代のプレ更年期あたりから、
更年期障害を発症しやすくなる50代に向かって、
女性ホルモンの分泌量は
約半分にまで急激に低下していきます。

しかも、そのまま減少の一途をたどり、
70代では女性ホルモンの分泌は
ほぼなくなってしまいます。

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、
毛髪を発達させて、毛髪の成長を
維持させる働きがありますので、
それが減少すれば薄毛になるのは
当然の結果だったのです。

女性も男性ホルモンが分泌されていますから、
更年期で女性ホルモンの分泌量が
急激に減りますと、ホルモンバランスが崩れ、
相対的に男性ホルモンが優位になってきます。

男性ホルモンは男性らしい体つきを作るために
体毛の成長を促進させますが、
頭髪部に関しては逆に作用してしまいます。

そのため、薄毛をはじめ白髪、
抜け毛までが目立ってきてしまうのです。

ではどうすれば良いのでしょうか。
できれば更年期を迎える35歳くらいから、
薄毛対策として刺激の少ない
ヘアケアを使用しておくことです。

また、プレ更年期を迎えたら、
女性ホルモン様作用のある大豆イソフラボンなどを
補給しておくことで、薄毛の予防や改善に期待出来ます。
大豆製品の豆乳や豆腐や納豆などを
積極的に食べたいですね。

いろいろ工夫しても
薄毛や抜け毛が改善しない場合は
無添加育毛剤のマイナチュレを試すといいです。

マイナチュレは医薬部外品の薬用育毛剤として
厚生労働省の承認を取得していて
敏感肌や乾燥肌の女性にも使える安心の無添加育毛剤です。